シクラメン インディアカ®
の由来

シクラメン インディアカ®
の誕生

インディアカ®はシクラメン育種家であるギー・モレル氏の長い研究の末に誕生しました。

その鮮やかな色、特徴的なコントラストや美しい草姿を追求したインディアカ®は実に15年にもおよぶ取り組みの成果です。

このシクラメンの鮮やかな花弁は、インディアカというスポーツで使われるボールの羽根を連想させることから名づけられました。

イノベーションと多様性に取り組むモレル家

シクラメンの育種と生産を行ってきたモレル家は花の多様性やイノベーションに情熱を注いでいます。

世界中で知られている古典的な品種に加え、オリジナル性と活気溢れる変わり咲きのシクラメンを多く育成してきました。
モレル シクラメンは大きく6つのグループに分かれていて、品種の数が179を超えています。

インディアカ®の品質
「メイド・バイ・モレル」

モレルのシクラメンは、品質と多様性が評価され、 CCVS (フランスの特定植物コレクション保存協会)により「国内コレクション」に認定されています。

この認定は、環境保全に取り組んでいることや生物多様性へ貢献していることの証でもあります。

4世代続くモレル家の歴史

1919年から続く、シクラメン育種と生産

モレル シクラメンのコレクション

モレルのシクラメン品種は全て南仏フレジュス市で育種され、採種されていることから、暑さにとても強いのです。

モレルの交配種は、シャルル・モレル氏によって1989年に初めて市場導入され、世界的に評価されるようになりました。
95年以上前から続く品種改良の経験とノウハウはモレルの仕事の質と確実性を示しています。

育種・採種ともに
「メイド・イン・フランス」です!